浄化槽保守点検、工場・厨房排水除害施設保守点検、マンション・ビル設備管理等は、テムズにおまかせください

tems

"" 有限会社 テムズ
〒341-0013
埼玉県三郷市小谷堀56-1
 TEL:048-950-0501
 FAX:048-950-0500
HOMEリンク会社情報業務紹介お問い合わせ一般ユーザーの方メンテナンス業界ネットワーク化構想浄化槽保守点検排水設備保守点検注水設備保守点検配水管洗浄各種槽内洗浄貯水槽清掃・管理浄水設備管理文献・資料紹介個人情報保護
 

ネットワーク構想

メンテナンス業界ネットワーク化構想

浄化槽管理や水処理施設に限らず、あらゆるメンテナンスを実行する上で最も大切になってくるのがクレームに対する「緊急対応」
クレームを出さないことがベストかもしれないが、それは絶対に不可能なこと。
どれだけすばやく対応できるか?どれだけ適切に対応ができるか?
これらはどのメンテナンス会社においても大きなテーマ。

 ・ 365日24時間電話対応してるけど現場にいける人がいない
 ・ 現場に急行してみたものの何が起きているのかわからない
 ・ どういう対処をしていいのかわからない

こんな悩みは日常茶飯事。
そんな悩みをネットワークを構築することによって解決していきたいと考えてます。

一番のポイントは、「横のつながり」です。

 

● ネットワーク構想 その1


■メーカーとのネットワーク


 施設をメンテナンスしていく上で大切なことは、その施設に関することを十分に理解することです。
その際、大事になってくるのはメーカーから資料や情報を受け取ることができるかどうか?
これが意外と大変なんです。
これら情報を受け取ることができるメンテナンス業者というのは限られてきます。
かといって、せっかく得た情報を気安く垂れ流すわけにはいきません。

わたくしどもでは、メーカーとの接点を強く持ち、このような情報発信の拠点となることを目指します。

具体的には
 1.メーカーからの新製品情報、メンテナンス仕様変更情報などを素早く受け取る。
 2.得られた情報を様々なメディアを通して発信する。
 3.メーカーの変わりに現場へ出向き、現場でのメンテナンス指導、アドバイスを行う。
 4.各メーカーの製品の比較検討を行う。

● ネットワーク構想 その2


■業者間のネットワーク


「小さな浄化槽はわかるけど大きな浄化槽はちょっとわからない。」
「浄化槽のことはわかるけど、電気のことはわからない。」
「膜って何?回分って何?」
意外とよく聞きます。

テムズがもっとも重要視するネットワーク作りはここにあります。
ユーザーとの接点は多いのだけれど、メーカーとの接点が少ない業者はたくさんいます。
現状、メーカーの情報というのはある特定の業者に流れ、そこで終わってしまっています。
かといって、いきなりメーカーに営業に行くというのも無理な話です。
わたくしどもはその流れを止めずに有効利用できるように発信していきます。
また、止まっている情報も収集していきます。
情報収集をするためには、当然、情報を発信していなければいけません。情報のないところに情報は集まらないのです。
ですから情報発信のお手伝いもさせていただきます。

また、仕事の話はたくさんあるけれども、それをこなせる人材がいない業者もたくさんいます。
しかし、どうやって解決していいのかわからないのが実情だと思います。
私どものいまのところの専門は水処理ですが、様々なネットワークを通して、様々な業種の仕事をしたいと考えています。
当然、あらゆる業種の専門家をスタッフとして我が社に迎え入れることは不可能です。
業者間のつながりというのは、横の関係よりも縦の関係、元請け→下請け、ということが多いようです。
仕事を頼む側と頼まれる側。
「メーカー」→「テムズ」→「メンテナンス業者」→「ユーザー」、これではテムズはブローカーになってしまいます。
仕事を頼みもするし頼まれもする。
「メーカー」⇔「(メンテナンス業者)⇔(テムズ)」⇔「ユーザー」を目指します。
様々な業種をつなげて「横のつながり」によるネットワーク構築を目指します。

具体的には
 1.インターネットを利用してわたくしどもの知り得た情報を発信する。
 2.同時に、今現在発信されている情報を収集する。
 3.メンテナンスに関する質問・相談を常時受け付ける。
 4.あらゆる業種の専門スタッフにネットワーク参加を促す。
 5.緊急対応体制の協力体制を作る。

● ネットワーク構想 その3


■ユーザーとのネットワーク


例えば、電気製品を購入してそれが故障してしまったとき、誰もその電気製品を作っているメーカーには行きません。まずはそれを買ったお店に行きます。そしてそのお店がメーカーに問い合わせ、修理などの対応がされます。
メーカーとユーザーが直接接点を持つことはあまり多くあることではありません。
かといって、問い合わせを受けたお店があらゆるメーカーに関して万能であるかというと、そうとは限りません。
どこがどのメーカーを得意としているのか? これがわかればどんな問い合わせを受けても安心です。

これがわかる会社を目指します。

もちろん、私たちが扱う商品はサービスです。物品ではありません。
担当者が現地に赴き、設備と向き合い会話をし、その結果を持ってユーザーに報告をし、打ち合わせをします。
ユーザーの言葉をメーカーに伝えたり、メーカーの言葉をユーザーに伝えるというのは当たり前です。
ただの仲介ではなく、それぞれが何を求めているのかを理解し、それを達成するためには何を行えばいいのかを考え提案します。
ありとあらゆる場面でテムズの判断を必ず提示できるようにすれば、ユーザーの不安や困惑は減少するでしょう。

また、ユーザーへの情報提供も大切です。
企業秘密をもち、自分たちの知り得た知識や情報を独り占めして仕事をするのは困難な時代になってきました。

情報をできるだけ開示し、その共有を目指します

temsネットワーク


■ネットワーク参加のメリット


  • 浄化槽メーカーからの新規物件営業協力の御依頼
  • 排水処理施設メーカーからの保証メンテナンス(新規現場の調整立上げ作業)の御依頼
  • 商社からの各種メンテナンスアドバイスの御依頼
  • 保守管理業者への施設管理委託
  • 保守管理業者からの施設管理委託
  • 太陽光発電システムのご紹介

このページのTOPへ▲